※この記事は一般的な条文解説で、宅建等の資格試験の範囲を超えた内容も含みます。当サイトの記事が読みやすいと感じた方は、当サイトと資格試験向け教材の関係をご覧下さい。

第724条の2(人の生命又は身体を害する不法行為による損害賠償請求権の消滅時効)


【改正法】(新設)
(人の生命又は身体を害する不法行為による損害賠償請求権の消滅時効)
第724条の2 人の生命又は身体を害する不法行為による損害賠償請求権の消滅時効についての前条第1号の規定の適用については、同号中「3年間」とあるのは、「5年間」とする。


【読み替え後の条文】
第724条 人の生命又は身体を害する不法行為による損害賠償の請求権は、次に掲げる場合には、時効によって消滅する。
一 被害者又はその法定代理人が損害及び加害者を知った時から5年間行使しないとき。
二 不法行為の時から20年間行使しないとき。
【旧法】
なし

※上記赤字の部分が改正部分です。

【解説】

本条は、不法行為による損害賠償請求権について、その法益が人の生命・身体を害する場合には、消滅時効期間を長期化する改正になります。

具体的には、通常の不法行為による損害賠償請求権の消滅時効期間は、被害者又はその法定代理人が損害及び加害者を知った時から「3年間」と、不法行為の時から「20年間」です。これらの期間制限については、人の生命・身体に対する侵害か、そうでないかによって特に区別はしていませんでした。そこで、不法行為の時から20年というのは生命・身体に対する侵害の場合でも同じですが、被害者又はその法定代理人が損害及び加害者を知った時から「3年間」という部分が、「5年間」に延長されています。

その理由は、説明しなくても分かると思いますが、人の生命・身体は重要な法益であり、保護の必要が高いことと、治療が長期にわたったような場合などには、被害者は、通常の生活を送ることが困難な状況に陥るなど、迅速な権利行使が難しいことがあるからです。

なお、債務不履行による損害賠償請求権についても、改正法167条で消滅時効期間が延長されています。