※この記事は一般的な条文解説で、宅建等の資格試験の範囲を超えた内容も含みます。当サイトの記事が読みやすいと感じた方は、当サイトと資格試験向け教材の関係をご覧下さい。

旧第105条(復代理人を選任した代理人の責任)


【改正法】
削除
【旧法】
(復代理人を選任した代理人の責任)
第105条 代理人は、前条の規定により復代理人を選任したときは、その選任及び監督について、本人に対してその責任を負う。

2 代理人は、本人の指名に従って復代理人を選任したときは、前項の責任を負わない。ただし、その代理人が、復代理人が不適任又は不誠実であることを知りながら、その旨を本人に通知し又は復代理人を解任することを怠ったときは、この限りでない。

※上記赤字の部分が改正部分です。

【解説】

本条は、旧法では「復代理人を選任した代理人の責任」の規定が丸ごと削除されています。

これは、当たり前ですが、復代理人を選任した代理人の責任がなくなる、という意味ではありません(笑)。復代理人を選任した代理人の責任については、旧法105条のような特別な扱いはなくなり、通常の規律に服するという意味です。

詳しく説明しますと、復代理人が行った行為について、代理人がどのような責任を負うかについては、法定代理の場合には、原則として「全責任」を負わされます。

しかし、任意代理の場合は、特に規定はなく、法定代理の場合のように「全責任」を負わされるということはありません。それでは、どの程度の責任を負わされるのかという点についてですが、任意代理においては、本人と任意代理人との間には委任契約が締結されているはずです。

委任契約というのは、受任者(ここでは代理人のこと)には「しっかり注意して仕事をしなさい」(「善管注意義務」といいます。)という義務が課されています。そこで、復代理人が行った行為について、代理人がどのような責任を負うかについては、この委任契約をしっかり履行したかどうか、つまり、善管注意義務を果たしたかどうか、ということで判断されます。これはケース・バイ・ケースの判断になります。

結論としては、旧法では、「復代理人が行った行為については、その選任及び監督について、本人に対してその責任を負う」、さらに「代理人が、本人の指名に従って復代理人を選任したときは、責任を負わない。ただし、その代理人が、復代理人が不適任又は不誠実であることを知りながら、その旨を本人に通知し又は復代理人を解任することを怠ったときは、責任を負う」という規定がありましたが、この規定を廃止しているので、選任・監督等の責任に限らず、代理人として善管注意義務に違反するかどうかで、代理人の責任が判断されることになります。