※この記事は一般的な条文解説で、宅建等の資格試験の範囲を超えた内容も含みます。当サイトの記事が読みやすいと感じた方は、当サイトと資格試験向け教材の関係をご覧下さい。

第616条の2(賃借物の全部滅失等による賃貸借の終了)


【改正法】
(賃借物の全部滅失等による賃貸借の終了)
第616条の2 賃借物の全部が滅失その他の事由により使用及び収益をすることができなくなった場合には、賃貸借は、これによって終了する。
【旧法】
なし

※上記赤字の部分が改正部分です。

【解説】

旧法では、賃借物の一部滅失の場合については、賃料の減額請求ができる旨の規定を置いていましたが(611条)、賃借物の全部滅失については規定がありませんでした。

したがって、賃借人(債権者)の責めに帰すべき事由で賃借物が全部滅失した場合は、賃借人は損害賠償債務を負担した上で、賃料債務も負担するように考えられます(536条2項)。また、賃貸人(債務者)の責めに帰すべき事由により賃借物が全部滅失した場合は、賃借人が契約の解除をするまでは、賃貸借関係が継続し、賃料債務が発生し続けるようにも考えられます。

しかし、賃借物が全部滅失しているにもかかわらず、賃料債務が存続し続けるのは合理性がなく、この場合の法律関係の明確化を図るために本条が新設され、簡潔に賃借物の全部が滅失その他の事由により使用及び収益をすることができなくなった場合には、賃貸借が終了する旨を規定しました。