※この記事は一般的な条文解説で、宅建等の資格試験の範囲を超えた内容も含みます。当サイトの記事が読みやすいと感じた方は、当サイトと資格試験向け教材の関係をご覧下さい。

第607条の2(賃借人による修繕)


【改正法】
(賃借人による修繕)
第607条の2 賃借物の修繕が必要である場合において、次に掲げるときは、賃借人は、その修繕をすることができる。
一 賃借人が賃貸人に修繕が必要である旨を通知し、又は賃貸人がその旨を知ったにもかかわらず、賃貸人が相当の期間内に必要な修繕をしないとき。
二 急迫の事情があるとき。
【旧法】
なし

※上記赤字の部分が改正部分です。

【解説】

本条は、賃借人による賃借物の修繕の規定で、旧法にはなく、新設の規定になります。

旧法にも、賃借物の修繕の規定はありました。具体的には、第606条(賃貸物の修繕等)、第607条(賃借人の意思に反する保存行為)、第608条(賃借人による費用の償還請求)ですが、これらの規定は基本的には改正法にも残っています。しかし、「賃借人」の側からの修繕の規定はありませんでしたので、今回の改正で新設されました。

賃借物は、あくまで賃貸人の所有物ですから、賃借人は自由に修繕できるわけではありません。しかし、実際に住んでいるのは賃借人ですから、賃借人がどのような場合に、修繕ができるのか定めておく必要があったので、今回の改正で追加されたわけです。

まず、話の前提として、賃貸人は、賃貸物の使用及び収益に必要な修繕をする義務を負います(606条1項)。

しかし、賃借人が賃貸人に対して修繕が必要である旨を通知するか、又は通知はしなくても賃貸人がその旨を知ったにもかかわらず、賃貸人が相当の期間内に修繕をしない場合には、賃借人は自ら修繕をすることができます(第1号)。

次に、このような通知をしなくても、急迫の事情があるときは、賃借人が自ら修繕することができます(第2号)。たとえば、雨漏りしている家屋で、次の台風が接近しており、一刻も早く修繕をしたいような場合です。

これで賃借人が自ら修繕できる場合が明確になり、勝手に修繕したということで、賃借人が賃貸人から責任を追及されることがなくなります。