※この記事は一般的な条文解説で、宅建等の資格試験の範囲を超えた内容も含みます。当サイトの記事が読みやすいと感じた方は、当サイトと資格試験向け教材の関係をご覧下さい。

第522条(契約の成立と方式)


【改正法】
(契約の成立と方式)
第522条 契約は、契約の内容を示してその締結を申し入れる意思表示(以下「申込み」という。)に対して相手方が承諾をしたときに成立する。

2 契約の成立には、法令に特別の定めがある場合を除き、書面の作成その他の方式を具備することを要しない。
【旧法】
第526条 隔地者間の契約は、承諾の通知を発した時に成立する。

2 →第2項は、そのまま改正法527条へ

※上記赤字の部分が改正部分です。

【解説】

本条は、旧法では隔地者間の契約について、承諾の通知を「発した時」に成立するとして、承諾の通知については発信主義を採用していたものを、「承諾をしたとき」に成立するとだけ規定されており、承諾を「発した時」とはしていないので、承諾の通知についても、申込みと同様に、意思表示の原則どおり到達主義(97条1項)を採用することに変更した規定です。

そもそも、旧法において承諾の通知について発信主義を採用したのは、取引の迅速性の観点から、承諾者に早めに履行の準備を行うことを可能にするためです。

しかし、承諾に発信主義を採用すると、申込者が知らない間に履行遅滞に陥る可能性があり、申込者に不測の損害を与える可能性があります。

また、迅速な通信手段のある現在においては、当事者が契約の迅速な成立を望むのであれば、メール等を使えばよく、現に電子消費者契約法ではインターネット上の取引では到達主義が採用されています。したがって、現在承諾についてのみ発信主義を採用する理由に乏しくなっています。

さらに、旧法(発信主義)に対して、承諾期間内に承諾が到達しなかった場合について規定する旧法521条第2項との関係で、どのように整合的に解釈すべきかについて議論がありました。現代においては承諾通知が延着する現実的な可能性は低いことからも、承諾の通知についてのみ発信主義にこだわる必要はないと判断されたようです。