※この記事は一般的な条文解説で、宅建等の資格試験の範囲を超えた内容も含みます。当サイトの記事が読みやすいと感じた方は、当サイトと資格試験向け教材の関係をご覧下さい。

第458条の2(主たる債務の履行状況に関する情報の提供義務)


【改正法】(新設)
(主たる債務の履行状況に関する情報の提供義務)
第458条の2 保証人が主たる債務者の委託を受けて保証をした場合において、保証人の請求があったときは、債権者は、保証人に対し、遅滞なく、主たる債務の元本及び主たる債務に関する利息、違約金、損害賠償その他その債務に従たる全てのものについての不履行の有無並びにこれらの残額及びそのうち弁済期が到来しているものの額に関する情報を提供しなければならない。
【旧法】
なし

※上記赤字の部分が改正部分です。

【解説】

本条は、改正法で新設された規定です。保証人からの請求に対して、保証債務の債権者に主たる債務の履行状況に関する状況の提供を義務付けています。

保証人になろうとする者は、主たる債務の履行状況を知りたいのは当然です。そこで、銀行等の債権者に対して問い合わせをすると、債権者は主たる債務者のプライバシーに関わる情報を提供してよいかどうかの判断に困り対応に苦慮していたようです。そこで、本条が規定されました。

情報提供の対象となる債務は、「主たる債務の元本及び主たる債務に関する利息、違約金、損害賠償その他その債務に従たる全てのもの」です。

提供する情報は、「不履行の有無並びにこれらの残額及びそのうち弁済期が到来しているものの額」になります。

この情報提供の請求ができるのは、「主たる債務者の委託を受けて保証をした場合」の保証人です。なお、この保証人は、個人だけでなく、法人も含まれます。法人でも、状況は同じだからです。