※この記事は一般的な条文解説で、宅建等の資格試験の範囲を超えた内容も含みます。当サイトの記事が読みやすいと感じた方は、当サイトと資格試験向け教材の関係をご覧下さい。

第416条(損害賠償の範囲)


【改正法】
(損害賠償の範囲)
第416条 債務の不履行に対する損害賠償の請求は、これによって通常生ずべき損害の賠償をさせることをその目的とする。

2 特別の事情によって生じた損害であっても、当事者がその事情を予見すべきであったときは、債権者は、その賠償を請求することができる。
【旧法】
(損害賠償の範囲)
第416条 債務の不履行に対する損害賠償の請求は、これによって通常生ずべき損害の賠償をさせることをその目的とする。

2 特別の事情によって生じた損害であっても、当事者がその事情を予見し、又は予見することができたときは、債権者は、その賠償を請求することができる。

※上記赤字の部分が改正部分です。

【解説】

本条は、損害賠償の範囲について、通常生ずべき損害(第1項)と特別の事情によって生じた損害(第2項)に分けて規定されていますが、この条文の解釈については、非常に難しい問題があります。損害の予見の主体及び時期、損害額の算定基準時、債務不履行後の価格騰貴の場合における損害額の算定、転売の場合における損害額の算定などです。

しかし、現在の実務において、この通常損害と特別損害という枠組みで、それなりに安定していることもあり、大きな変更はなされなかったようです。