※この記事は一般的な条文解説で、宅建等の資格試験の範囲を超えた内容も含みます。当サイトの記事が読みやすいと感じた方は、当サイトと資格試験向け教材の関係をご覧下さい。

第412条の2(履行不能)


【改正法】(新設)
(履行不能)
第412条の2 債務の履行が契約その他の債務の発生原因及び取引上の社会通念に照らして不能であるときは、債権者は、その債務の履行を請求することができない。

2 契約に基づく債務の履行がその契約の成立の時に不能であったことは、第415条の規定によりその履行の不能によって生じた損害の賠償を請求することを妨げない。
【旧法】
なし

※上記赤字の部分が改正部分です。

【解説】

本条は、新設された規定で、第1項では履行不能について、第2項では原始的不能について規定しています。

この規定については違和感を覚える人もいるのではないかと思います。第1項の履行不能については、当然だとしても、第2項の原始的不能については、ちょっと驚きです。

原始的不能というのは、「契約に基づく債務の履行がその契約の成立の時に不能」(第2項)であった場合ですが、もともと履行が不能な内容の契約をしているわけですから、このような契約は無効であり、「債務不履行」にはならないと考えるのが素直ともいえるからです。

たとえば家屋の売買契約を締結したところ、債務者(売主)の帰責事由で家屋が焼失してしまった場合、契約後に家屋が焼失したのであれば、それは債務不履行になり、買主は債務不履行に基づく損害賠償を請求することができます。しかし、家屋が契約の前日に焼失していたのであれば、それは存在しない家屋を売ったということで、当該売買契約は無効になりそうです。

ただ、それでは履行不能になったのが、たまたま契約の前日であったというだけで、債務不履行に基づく損害賠償請求をすることができなくなるというのは不都合ではないか、ということでこの規定が新設されたようです。

第2項の条文で、原始的不能の場合に「その履行の不能によって生じた損害の賠償を請求することを妨げない。」と規定されているので、損害賠償請求を認めてはいますが、その根拠については、債務不履行とは限らないようにも読めますが、「第415条の規定により」損害賠償の請求を妨げないとしており、第415条は債務不履行による損害賠償の規定ですから、第2項の損害賠償の根拠は「債務不履行」ということになります。