※この記事は一般的な条文解説で、宅建等の資格試験の範囲を超えた内容も含みます。当サイトの記事が読みやすいと感じた方は、当サイトと資格試験向け教材の関係をご覧下さい。

第161条(天災等による時効の完成猶予)


【改正法】
(天災等による時効の完成猶予
第161条 時効の期間の満了の時に当たり、天災その他避けることのできない事変のため第147条第1項各号又は第148条第1項各号に掲げる事由に係る手続を行うことができないときは、その障害が消滅した時から三箇月を経過するまでの間は、時効は、完成しない。
【旧法】
(天災等による時効の停止
第161条 時効の期間の満了の時に当たり、天災その他避けることのできない事変のため時効を中断することができないときは、その障害が消滅した時から2週間を経過するまでの間は、時効は、完成しない。

※上記赤字の部分が改正部分です。

【解説】

本条の改正は、比較的シンプルです。旧法では、天災等による時効の停止の期間は「2週間」となっていました。しかし、これは短すぎるのではないかと問題になりました。

そこで、改正法では、天災等による時効の完成猶予の期間を、「3か月」に延長しています。