※この記事は一般的な条文解説で、宅建等の資格試験の範囲を超えた内容も含みます。当サイトの記事が読みやすいと感じた方は、当サイトと資格試験向け教材の関係をご覧下さい。

第130条(条件の成就の妨害等)


【改正法】
条件の成就の妨害等
第130条 条件が成就することによって不利益を受ける当事者が故意にその条件の成就を妨げたときは、相手方は、その条件が成就したものとみなすことができる。

2(新設) 条件が成就することによって利益を受ける当事者が不正にその条件を成就させたときは、相手方は、その条件が成就しなかったものとみなすことができる。
【旧法】
条件の成就の妨害
第130条 条件が成就することによって不利益を受ける当事者が故意にその条件の成就を妨げたときは、相手方は、その条件が成就したものとみなすことができる。

※上記赤字の部分が改正部分です。

【解説】

本条の改正は、第2項の新設ということになります。

旧法では、条件の成就によって「不利益」を受ける当事者が故意にその条件の成就を妨げたときについて規定されており、その場合、相手方はその条件が成就したものとみなすことができます。この規定は、そのまま改正法の第1項に受け継がれています。

しかし、立場が逆になって、条件の成就によって「利益」を受ける当事者が不正にその条件を成就させたときについては、旧法には規定がありません。この場合には、上記の規定を類推適用して、条件が成就しなかったものとみなすとする判例があります。

そこで、この判例を受けて第2項が新設されました。