※この記事は一般的な条文解説で、宅建等の資格試験の範囲を超えた内容も含みます。当サイトの記事が読みやすいと感じた方は、当サイトと資格試験向け教材の関係をご覧下さい。

第93条(心裡留保)


【改正法】
(心裡留保)
第93条 意思表示は、表意者がその真意ではないことを知ってしたときであっても、そのためにその効力を妨げられない。ただし、相手方がその意思表示が表意者の真意ではないことを知り、又は知ることができたときは、その意思表示は、無効とする。

2(新設) 前項ただし書の規定による意思表示の無効は、善意の第三者に対抗することができない。
【旧法】
(心裡留保)
第93条 意思表示は、表意者がその真意ではないことを知ってしたときであっても、そのためにその効力を妨げられない。ただし、相手方が表意者の真意を知り、又は知ることができたときは、その意思表示は、無効とする。

※上記赤字の部分が改正部分です。

【解説】

旧法では、心裡留保による意思表示について、表意者と相手方の関係についてのみ規定していました。すなわち、心裡留保による意思表示は、原則として有効であるが、相手方が悪意又は過失があるときは無効である旨のみを規定していました。

しかし、心裡留保による意思表示が無効である場合に、新たに利害関係を有するにいたった第三者に関する保護規定はありませんでした。ただ、これはご存知のように、学説上、虚偽表示の規定(94条2項)の類推適用により第三者は保護されるという考えが有力でした。

そこで、改正法では、心裡留保による意思表示の無効は、善意の第三者に対抗することができない旨の規定を新設しました。

なお、この第三者が保護される主観的要件は、「善意無過失」ではなく、「善意」となっています。第95条の錯誤、第96条の詐欺の場合は、「善意無過失」と改正されているので注意して下さい。心裡留保は、表意者が故意に外観を作出してものですから、第三者の保護としては、善意無過失まで要求されるのではなく、善意であればよく、主観的要件が緩くなっています。