※この記事は一般的な条文解説で、宅建等の資格試験の範囲を超えた内容も含みます。当サイトの記事が読みやすいと感じた方は、当サイトと資格試験向け教材の関係をご覧下さい。

第90条(公序良俗)


【改正法】
(公序良俗)
第90条 公の秩序又は善良の風俗に反する法律行為は、無効とする。
【旧法】
(公序良俗)
第90条 公の秩序又は善良の風俗に反する事項を目的とする法律行為は、無効とする。

※上記赤字の部分が改正部分です。

【解説】

本条は公序良俗に反する法律行為に関する規定です。改正事項は、上記の条文を見てもらえば分かる通り、旧法にある「事項を目的とする」という文言を削除しただけです。

ちょっと改正の趣旨が分かりにくいところですが、現在の判例・学説によると、法律行為が公序良俗に反する事項を目的としているかどうかではなく、法律行為が行われた過程その他の事情を考慮して、法律行為が公序良俗に反しているかどうかを判断しています。そこで、「事項を目的とする」という文言が外されました。

その他、公序良俗に違反する法律行為として、よく事例に挙げられ、また判例にも登場する暴利行為について、公序良俗違反の法律行為として明文化すべきではないか、という点が議論されましたが、見送られたようです。