宅建通信講座!

講義調の分かりやすいテキスト

過去問などを解いていて、あなたのテキストにその説明がなくて困ったことはありませんか? このテキストなら安心です!

【受講生の声】テキストが非常にわかりやすく、小説を読むように頭に入ってきました。

【合格者の声】過去問を解いていくと何か所も参考書には掲載されていない論点があり、また、参考書を読んでもなぜそうなるのかが分からない箇所がいくつもありました。 … テキストは非常に分かりやすくできており、また過去問の細かい論点もしっかり触れられているので、非常に助かりました。


テキストの特徴

■ 自分の手で、納得のいく、講義しやすいテキストを書きたい!

私は、長年いろいろな受験指導機関で宅建の講義を担当してきましたが、どのテキストも過不足があって納得できませんでした。

宅建のテキストというのは、どのテキストもどうしても過不足があります。

試験に一度も出題されたことがないようなことが延々と書かれているかと思うと、ココこそ試験に何度も問われ、いろいろな形で問われていることが、サラッと1~2行程度でしか書かれていなかったりします。

仕方がないので、私が他の受験指導機関で講義していたときは、テキストに書かれていないことは、受講生に書き込んでもらっていますし、また、不要な記述は気にしないようにという講義の仕方になってしまいます。

そこで、自分の手で過不足のないテキストというのを目指して書いたのが、このテキストです。

このテキストは、後述の過去問集と連動して合格に必要な知識を網羅しているので、アレコレ本を参照する必要がありません。このテキスト一本だけで十分です。

しかも不必要なことは書いていない。

しかも、理由も説明しているので、よく分かる。良く分かるので覚えやすい。そして、覚え方も書いてあります。

他のテキストだと、分かりやすくて簡単なテキストは複数のテキストを参照しないといけないし、しっかり書いてあるテキストは、試験に不要な知識まで書いてあります。そのような欠点を除き、このテキスト一本に絞れるので迷いがありません。

■ 語り口調の分かりやすい言葉で書かれたテキスト

さらに、このテキストは、語り口調で書かれた分かりやすい記述を心がけています。私の日頃の講義を書いたものと思ってもらって結構です。

法律の本はどうしても難しいという印象をお持ちの方も多いと思います。ちゃんと説明してもらえれば理解できるものを、難しい法律用語で説明されるとどうしても腰が引けてしまいます。

そこで、理解しにくい1行の説明よりも、丁寧な3行の方が結局は時間の節約になると考えて、言葉を尽くして説明しています。

この本を読んでも分からなければ、他の宅建の本を読んでも分からないという気持ちでテキストを書いています。

■ 使いやすさも追求

このテキストは、プリントアウトせずに、電子ブック的にPDFのままお読みになられる方も多いかと思います。

そこで、PDFファイルに「しおり」を入れています。画面左の「しおり」タブをクリックして、「しおり」を出した上で、該当の「章」などをクリックすれば、該当ページに一気に飛ぶことができます。

■ 無料サンプル

無料体験受講でお願いします。