宅建通信講座!

この宅建通信講座の特徴

■ 独学者に朗報!本を買う前に一度お読み下さい!

宅建を独学で勉強しようと考えている人も多いかと思います。しかし、独学といっても、費用がゼロかというとそうではありません。テキスト、過去問集等で1~2万円はかかります。

たとえば、某有名予備校のテキストと過去問集を調べてみますと、テキストだけで全科目で6,000円を超えます。また、過去問集も全科目で5,000円強となっており、全体ではテキストと過去問集だけで、11,000円を超えています。また、宅建のテキストの中には、1冊で4科目全部が入っているテキストや問題集もありますが、決まって内容が薄く必要十分な内容とは言えません。

また、独学者は一つテキストを買って分かりにくかったりすると、別のテキストや、副教材的な教材も購入されたりします。さらに、試験が近付くと不安になって、予想問題集や模擬試験問題等を購入されたりします。

そうするとなんだかんだと言って、2万円くらい使いましたという人は、普通にいます。

本通信講座は、全科目の「テキスト、過去問集、レジュメ、講義、答案練習、直前模擬試験、学習アドバイス・メール、質問自由」のすべてを含んで、9,700円です。