下記の問題及び解説は、必ずしも現時点における法改正及びデータを反映したものではない場合があります。

宅建 過去問解説 平成30年 問13

【問 13】 建物の区分所有等に関する法律に関する次の記述のうち、誤っているものはどれか。

1 規約の設定、変更又は廃止を行う場合は、区分所有者の過半数による集会の決議によってなされなければならない。

2 規約を保管する者は、利害関係人の請求があったときは、正当な理由がある場合を除いて、規約の閲覧を拒んではならず、閲覧を拒絶した場合は20万円以下の過料に処される。

3 規約の保管場所は、建物内の見やすい場所に掲示しなければならない。

4 占有者は、建物又はその敷地若しくは附属施設の使用方法につき、区分所有者が規約又は集会の決議に基づいて負う義務と同一の義務を負う。

【解答及び解説】

【問 13】 正解 1

1 誤り。規約の設定、変更又は廃止は、区分所有者及び「議決権」の各「4分の3」以上の多数による集会の決議によってする。
*区分所有法31条1項

2 正しい。規約を保管する者は、利害関係人の請求があったときは、正当な理由がある場合を除いて、規約の閲覧を拒んではならない。そして、この規定に違反すると、20万円以下の過料に処される。
*区分所有法33条2項、71条2号

3 正しい。規約の保管場所は、建物内の見やすい場所に掲示しなければならない。
*区分所有法33条3項

4 正しい。占有者は、建物又はその敷地若しくは附属施設の使用方法につき、区分所有者が規約又は集会の決議に基づいて負う義務と同一の義務を負う。
*区分所有法46条2項



【解法のポイント】この問題は、肢2の罰則の部分を除いては、基本的な問題です。肢2は細かい問題だとしても、肢1が正解で簡単だったので問題はないかと思います。