下記の問題及び解説は、必ずしも現時点における法改正及びデータを反映したものではない場合があります。

マンション管理士 過去問解説 平成30年 問40

【問 40】 マンションの構造に関する次の記述のうち、適切でないものはどれか。

1 支持杭は、杭の先端を安定した支持層に到達させ、主に杭先端の支持力によって上部荷重を支えるものである。

2 防火地域内にある階数が2で延べ面積が500㎡の共同住宅は、耐火建築物としなければならない。

3 建築基準法上の主要構造部とは、建築物の自重若しくは積載荷重、風圧、土圧若しくは水圧又は地震その他の震動若しくは衝撃を支えるものをいう。

4 耐震改修工法には、柱のじん性(粘り強さ)を向上させることを目的として、柱に鋼板を巻きつけて補強する工法もある。

【解答及び解説】

【問 40】 正解 3

1 適切。軟弱な土層が地表から相当深くまであって、基礎スラブ(基礎盤)底面の地盤で上部構造を支持できない場合に、支持杭で、杭の先端を安定した支持層に到達させ、主に杭先端の支持力によって上部荷重を支える。

2 適切。防火地域内においては、階数が3以上であり、又は延べ面積が「100㎡」を超える建築物は耐火建築物としなければならない。
*建築基準法61条

3 不適切。建築基準法上、主要構造部とは、壁、柱、床、はり、屋根又は階段をいう。問題文は、「構造耐力上主要な部分」の定義である。
*建築基準法2条5号

4 適切。耐震改修工法には、柱がせん断破壊等によって急激な耐力の低下を生ずるおそれのある場合には、柱のじん性(粘り強さ)を向上させることを目的として、柱に鋼板を巻きつけて補強する工法もある。


【解法のポイント】この問題は、基本的なものです。