下記の問題及び解説は、必ずしも現時点における法改正及びデータを反映したものではない場合があります。

マンション管理士 過去問解説 平成30年 問33

【問 33】 甲管理組合と乙管理会社との間の管理委託契約に関する次の記述のうち、「マンション標準管理委託契約書及びマンション標準管理委託契約書コメント」(最終改正平成30年3月9日国土動指第97号)によれば、適切でないものはどれか。

1 乙は、管理事務のうち建物・設備管理業務の全部を第三者に再委託した場合においては、再委託した管理事務の適正な処理について、甲に対して、責任を負う。

2 甲は、甲の組合員がその専有部分を第三者に貸与したときは、その月の月末までに、乙に通知しなければならない。

3 乙が実施する理事会支援業務については、基幹事務以外の事務管理業務に含まれている。

4 管理委託契約の更新について甲又は乙から申出があった場合において、その有効期間が満了する日までに更新に関する協議がととのう見込みがないときは、甲及び乙は、従前の契約と同一の条件で、期間を定めて暫定契約を締結することができる。

【解答及び解説】

【問 33】 正解 2

1 適切。マンション管理会社が管理事務を第三者に再委託した場合においては、マンション管理会社は、再委託した管理事務の適正な処理について、管理組合に対して、責任を負う。
*標準管理委託契約書4条2項

2 不適切。管理組合は、管理組合の組合員がその専有部分を第三者に貸与した場合においては、「速やかに」、書面をもって、相手方に通知しなければならない。その月の月末までに通知するのではない。
*標準管理委託契約書12条2項2号

3 適切。マンション管理会社が行う基幹事務以外の事務管理業務の中に、理事会支援業務が含まれている。
*標準管理委託契約書別表第1 2(1)

4 適切。本契約の更新について管理組合又はマンション管理会社から申出があった場合において、その有効期間が満了する日までに更新に関する協議がととのう見込みがないときは、管理組合又はマンション管理会社は、本契約と同一の条件で、期間を定めて暫定契約を締結することができる。
*マンション標準管理委託契約書21条2項


【解法のポイント】マンション管理士試験を受験される方は、管理業務主任者試験と同時に受験されたり、管理業務主任者試験の合格者であるという人も多いかと思います。標準管理委託契約書は、管理業務主任者試験の方が「本業」に当たりますので、管理業務主任者試験より基本的なレベルの問題がほとんどです。本文もそのような問題でした。