下記の問題及び解説は、必ずしも現時点における法改正及びデータを反映したものではない場合があります。

マンション管理士 過去問解説 平成29年 問26

【問 26】 役員の選任等に関する次の記述のうち、標準管理規約によれば、適切でないものはいくつあるか。

ア 役員は半数改選とし、役員の任期を2年とする旨を規約に定めることができる。

イ 外部専門家を役員として選任できることとした場合、外部専門家が役員に選任された後に組合員となり、その後、その外部専門家が組合員でなくなったときは、当然に役員としての地位を失う。

ウ 正当な理由もなく恒常的に理事会を欠席している監事は、理事会の決議により解任することができる。

エ 理事の選任は総会の決議によるものとし、選任された理事の間で各理事の役職を決定する。

1 一つ
2 二つ
3 三つ
4 四つ

【解答及び解説】

【問 26】 正解 3

ア 適切。役員の任期は○年とする。ただし、再任を妨げないとされているが(標準管理規約36条1項)、業務の継続性を重視すれば、役員は半数改選とするのもよい。この場合には、役員の任期は2年とする。
*標準管理規約36条関係コメント②

イ 不適切。外部専門家を役員として選任できることとする場合、「選任(再任を除く。)の時に組合員」であった役員が組合員でなくなった場合には、その役員はその地位を失うが、選任された後に組合員となった場合は、その外部専門家が組合員でなくなったとしても、当然に役員としての地位を失うわけではない。
*標準管理規約36条4項

ウ 不適切。役員の選任及び解任は、総会の決議事項であり、正当な理由もなく恒常的に理事会を欠席している監事であっても、理事会の決議により解任することはできない。
*標準管理規約48条13号

エ 不適切。理事及び監事は、組合員のうちから、総会で選任する。そして、理事長、副理事長及び会計担当理事は、理事のうちから、「理事会」で選任する。選任された理事の間で各理事の役職を決定(互選)するのではない。
*標準管理規約35条3項

以上より、適切でないものは、イ、ウ、エの3つであり、肢3が正解となる。


【解法のポイント】内容的には基本的なものだったと思いますが、肢イ、エは法改正があったところです。