下記の問題及び解説は、必ずしも現時点における法改正及びデータを反映したものではない場合があります。

マンション管理士 過去問解説 平成29年 問15

【問 15】 Aが所有する甲マンションの301号室に隠れた瑕疵(排水管の腐食)があった場合に関する次の記述のうち、民法の規定によれば、誤っているものはどれか。

1 AB間の賃貸借契約に基づき、Bが賃借人となった301号室に隠れた瑕疵があったときは、特約のない限り、Bは、Aに対し、隠れた瑕疵について損害賠償の請求をすることができ、又は賃貸借契約の解除をすることができるが、当該排水管の修繕を請求することはできない。

2 AC間の負担付でない使用貸借契約に基づき、Cが借主となった301号室に隠れた瑕疵があったときは、Aが隠れた瑕疵の存在を知らない場合は、特約のない限り、Cは、Aに対し、担保責任を追及することができない。

3 Aが死亡し、相続人D及びEの遺産分割協議に基づき、Dが単独で取得した301号室に隠れた瑕疵があったときは、共同相続人であるEは、Dに対し、売主と同じく、その相続分に応じて担保の責任を負う。

4 Fが強制競売によって取得した301号室に隠れた瑕疵があったときは、Fは、Aに対し、隠れた瑕疵について損害賠償の請求をすることはできない。

【解答及び解説】

【問 15】 正解 1

1 誤り。賃貸借契約については、売買契約の規定が準用されているので、借主は貸主に対して、賃借物に隠れた瑕疵があれば、瑕疵担保責任を追及できるので、Bは、Aに対し、損害賠償の請求又は賃貸借契約の解除をすることができる。それだけではなく、賃貸人は、賃貸物の使用及び収益に必要な修繕をする義務を負うので、排水管の修繕を請求することもできる。
*民法559条、570条、606条1項

2 正しい。貸主は、使用貸借の目的である物又は権利の瑕疵又は不存在について、その責任を負わない。ただし、貸主がその瑕疵又は不存在を知りながら借主に告げなかったときは、この限りでない。したがって、Aが隠れた瑕疵の存在を知らないのなら、Cは、Aに対し、担保責任を追及することができない。
*民法596条

3 正しい。各共同相続人は、他の共同相続人に対して、売主と同じく、その相続分に応じて担保の責任を負う。したがって、Eは、Dに対し、売主と同じく、その相続分に応じて担保の責任を負う。
*民法911条

4 正しい。売買契約の売主の瑕疵担保責任は、強制競売の場合は、適用除外とされており、Fは、Aに対し、隠れた瑕疵について損害賠償の請求をすることはできない。
*民法570条


【解法のポイント】この問題は、全部が「正しい」となって困った人もいるのではないかと思います。正解肢の肢1は、瑕疵担保責任にだけとらわれていては正解は導けません。民法上、瑕疵担保責任の追及方法として瑕疵修補請求は認められていないからです。そこがポイントです。