下記の問題及び解説は、必ずしも現時点における法改正及びデータを反映したものではない場合があります。

マンション管理士 過去問解説 平成21年 問44

【問 44】 マンションの排水設備に関する次の記述のうち、適切でないものはどれか。

1 高層マンションで用いられる結合通気管は、通気立て管と排水立て管を一定の間隔ごとに接続する配管で、排水管内の正圧と負圧を緩和する効果がある。

2 台所に設置された食器洗い乾燥機の排水管には、高温の排水にも耐えうるように耐熱性硬質塩化ビニル管(HTVP)を用いる。

3 専有部分の排水横引管の径管が75mmの場合、円滑に排水を行うために最少勾配は1/150とする。

4 排水立て管には、最上階又は屋上、最下階、及び3階以内おきの中間階又は15m以内ごとに、掃除口を設けることが望ましい。

【解答及び解説】

【問 44】 正解 3

1 適切。結合通気管は、通気立て管と排水立て管を一定の間隔ごとに接続する配管で、排水管内の下層階で生じた正圧と、上層階で生じた負圧を緩和する効果がある。

2 適切。食器洗い乾燥機の排水管には、80度程度の高温の排水にも耐えうるように耐熱性硬質塩化ビニル管(HTVP)が用いられる。

3 不適切。専有部分の排水横引管の径管が75mmの場合、円滑に排水を行うために最少勾配は「1/100」となる。

4 適切。共用の排水管には、共用立管にあっては最上階又は屋上、最下階及び3階以内おきの中間階又は15m以内ごとに掃除口が設けられていることが必要である。
*国土交通省告示第1347 号