下記の問題及び解説は、必ずしも現時点における法改正及びデータを反映したものではない場合があります。

管理業務主任者 過去問解説 令和2年 問50

【問 50】 マンション管理業者が行うマンション管理適正化法第72条の規定に基づく重要事項の説明等及び同法第73条の規定に基づく契約の成立時の書面の交付に関する次の記述のうち、マンション管理適正化法によれば、誤っているものはどれか。

1 マンション管理業者は、管理組合から管理事務の委託を受けることを内容とする契約を締結したときは、当該管理組合の管理者等に対し、遅滞なく、管理業務主任者をして、契約の成立時の書面を交付して説明をさせなければならない。

2 マンション管理業者は、契約の成立時に交付すべき書面を作成するときは、管理業務主任者をして、当該書面に記名押印させなければならない。

3 マンション管理業者は、管理組合から管理事務の委託を受けることを内容とする契約を新たに締結しようとするときは、あらかじめ、説明会を開催し、当該管理組合を構成するマンションの区分所有者等及び当該管理組合の管理者等に対し、管理業務主任者をして、重要事項の説明をさせなければならない。ただし、当該マンションの建設工事完了の日から1年を経過する日までの間に契約期間が満了するものではないこととする。

4 マンション管理業者は、重要事項の説明会を開催するときは、できる限り説明会に参加する者の参集の便を考盧して開催の日時及び場所を定め、管理事務の委託を受けた管理組合ごとに開催するものとする。

【解答及び解説】

【問 50】 正解 1

1 誤り。マンション管理業者は、管理組合から管理事務の委託を受けることを内容とする契約を締結したときは、当該管理組合の管理者等に対し、遅滞なく、契約の成立時の書面を「交付」しなければならない。「説明」することまでは要求されていない。
*マンション管理適正化法73条1項

2 正しい。マンション管理業者は、契約の成立時の書面を作成するときは、管理業務主任者をして、当該書面に記名押印させなければならない。
*マンション管理適正化法73条2項

3 正しい。マンション管理業者は、管理組合から管理事務の委託を受けることを内容とする契約を締結しようとするときは、あらかじめ、説明会を開催し、当該管理組合を構成するマンションの区分所有者等及び当該管理組合の管理者等に対し、管理業務主任者をして、重要事項について説明をさせなければならない。ただし、この重要事項の説明は、新たに建設されたマンションの当該建設工事の完了の日から1年を経過する日までの間に契約期間が満了するものは不要である。
*マンション管理適正化法72条1項

4 正しい。重要事項の説明会は、できる限り説明会に参加する者の参集の便を考慮して開催の日時及び場所を定め、管理事務の委託を受けた管理組合ごとに開催するものとされている。
*マンション管理適正化法施行規則83条1項


【解法のポイント】重要事項の説明(72条)と契約成立時の書面(73条)は、管理業務主任者の試験では必須の論点で、かつ、本問は基本的な問題だったので、確実に正解して下さい。