下記の問題及び解説は、必ずしも現時点における法改正及びデータを反映したものではない場合があります。

管理業務主任者 過去問解説 令和2年 問8

【問 8】 次の記述のうち、標準管理委託契約書の定めによれば、最も不適切なものはどれか。

1 マンション管理業者は、建物・設備管理業務の全部を第三者に再委託することはできない。

2 マンション管理業者は、管理事務を第三者に再委託した場合においては、再委託した管理事務の適正な処理について、管理組合に対して、責任を負う。

3 マンション管理業者が管理事務を第三者に再委託する場合、管理委託契約締結時に再委託する管理事務及び再委託先の名称が明らかなときは、事前に管理組合に対して通知することが望ましい。

4 マンション管理業者が管理事務のうち管理費等の収納事務を集金代行会社に再委託する場合、当該事務は極めて重要であることから、再委託する管理事務及び再委託先の名称を、事前に管理組合に対して通知すべきである。

【解答及び解説】

【問 8】 正解 1

1 不適切。マンション管理業者は、事務管理業務の一部又は管理員業務、清掃業務若しくは「建物・設備管理業務」の「全部」若しくは一部を、第三者に再委託することができる。
*標準管理委託契約書4条1項

2 適切。マンション管理業者が管理事務を第三者に再委託した場合においては、マンション管理業者は、再委託した管理事務の適正な処理について、管理組合に対して、責任を負う。
*標準管理委託契約書4条2項

3 適切。マンション管理業者が管理事務を第三者に再委託する場合、最終的な責任をマンション管理業者が負うにしても、排水管の清掃業務や消防用設備等の保守点検業務等は、再委託業者が業務を執行する上で直接管理組合に接触すること等もあることから、契約締結時に再委託する管理事務及び再委託先の名称が明らかな場合には、事前に管理組合に通知することが望ましい。
*標準管理委託契約書4条関係コメント②

4 適切。管理事務のうち出納に関する事務は極めて重要であるので、管理費等の収納事務を集金代行会社に再委託する場合その他の出納に関する事務を再委託する場合は、再委託事務等を事前に管理組合に通知すべきである。
*標準管理委託契約書4条関係コメント②


【解法のポイント】この問題も、正解肢の肢1は定番の問題であり、他の肢も基本的なものですから、確実に正解して下さい。