下記の問題及び解説は、必ずしも現時点における法改正及びデータを反映したものではない場合があります。

管理業務主任者 過去問解説 平成19年 問12

【問 12】マンション標準管理規約及びマンション標準管理規約コメント(単棟型)(平成16年1月23日国総動第232号・国住マ第37号。国土交通省総合政策局長・同住宅局長通知。以下「マンション標準管理規約」という。)によれば、管理組合の会計と承認に関する次の記述のうち、最も不適切なものはどれか。

1 収支決算の結果、管理費等に不足が生じた場合には、管理組合は各区分所有者に対して、共用部分の共有持分に応じて、その都度必要な金額の負担を求めることができるが、それには理事会の決議を経なければならない。

2 収支予算を変更しようとするときは、理事長は、その案を臨時総会に提出し、その承認を得なければならない。

3 管理組合は、特別の管理に要する経費に充当するため、必要な範囲内において、借り入れをすることができるが、それには総会の決議を経なければならない。

4 修繕積立金の保管及び運用方法を決めるには、総会の決議を経なければならない。

【解答及び解説】

【問 12】 正解 1

1 不適切。管理費等に不足を生じた場合には、管理組合は組合員に対して共用部分の共有持分の割合により、その都度必要な金額の負担を求めることができるとされているが、これについて理事会の決議を経なければなければならないという規定はない。
*標準管理規約61条2項

2 適切。収支予算を変更しようとするときは、理事長は、その案を臨時総会に提出し、その承認を得なければならない。
*標準管理規約58条2項

3 適切。管理組合は、特別の管理に要する経費に充当するため必要な範囲内において、借入れをすることができるが、それは総会の決議事項となっている。
*標準管理規約48条6号

4 適切。修繕積立金の保管及び運用方法は、総会の決議事項となっている。
*標準管理規約48条8号