下記の問題及び解説は、必ずしも現時点における法改正及びデータを反映したものではない場合があります。

管理業務主任者 過去問解説 平成16年 問28

【問 28】 管理業者Aが管理組合Bから受託した管理事務に関する次の記述のうち、マンション標準管理委託契約書の定めによれば、最も不適切なものはどれか。

1 Aは、Bの長期修繕計画の見直しのため、管理事務を実施する上で把握した本マンションの劣化等の状況に基づき、当該計画の修繕工事の内容、実施予定時期、工事の概算費用等に、改善の必要があると判断した場合には、書面をもってBに助言する。

2 Aは、Bに代わって、Bが行うべき共用部分に係る損害保険契約、マンション内の専用使用部分の契約、第三者との契約等に係る事務を行う。

3 Bがマンションの維持又は修繕(大規模修繕を除く修繕又は保守点検等。)を外注によりA以外の業者に行わせる場合、Aは、その見積書の受理、発注補助、実施の確認を行う。

4 Aは、Bから管理を委託されているマンションの設計図書をAの事務所で保管する。

【解答及び解説】

【問 28】 正解 4

1 適切。管理業者は、管理組合の長期修繕計画の見直しのため、管理事務を実施する上で把握した本マンションの劣化等の状況に基づき、当該計画の修繕工事の内容、実施予定時期、工事の概算費用等に、改善の必要があると判断した場合には、書面をもって管理組合に助言する。
*標準管理委託契約書 別表第一1(3)一

2 適切。管理業者は、管理組合に代わって、管理組合が行うべき共用部分に係る損害保険契約、マンション内の駐車場等の使用契約、第三者との契約等に係る事務を行う。
*標準管理委託契約書 別表第一2(1)③

3 適切。管理業者は、管理組合がマンションの維持又は修繕(大規模修繕を除く修繕又は保守点検等。)を外注により管理業者以外の業者に行わせる場合の見積書の受理、発注補助、実施の確認を行う。
*標準管理委託契約書 別表第一1(3)三

4 最も不適切。管理業者は、マンションに係る設計図書を、「管理組合」の事務所で保管する。
*標準管理委託契約書 別表第一2(3)③一