マンション管理士・管理業務主任者
過去問集
教材正誤情報


2020/11/12現在

■管理業務主任者 過去問集
 
p.39、問31~34 最後の参照条文
*民法545条3項
*民法545条4項
p38、問5、2~3行目 Bに告げなかったとしても、~担保責任を負うことはない Bに告げなかったときは、~担保責任を負う
p.71、問9、1~2行目 賃貸人からの解約は3月の~ 賃借人からの解約は3月の~
p.107、問1、解答 ×
p.229、問37、解答及び2~3行目
したがって、委任状の提出がある賃借人に議決権行使が認められる。[H24管-29(1)]*標準管理規約46条6項
×
しかし、代理人となることができる者は、配偶者、一定の親族、他の組合員に限られており、賃借人は代理権を証する書面があったとしても代理人となることはできない。[H24管-29(1)]*標準管理規約46条5項


■マンション管理士 過去問集
 
p.27、契約総論の問5 最後の参照条文、*民法545条3項 *民法545条4項
p.62、問6、2行目 30年 ~ 20年とされる。 60年 ~ 50年とされる。
p.63、問6、1~2行目 20年 ~ 20年とされている。 50年 ~ 50年とされている。
同上、3行目 賃貸期間を30年 賃貸期間を60年
p.224、「4.瑕疵担保責任の特例」の問3、1行目 ~Bは、瑕疵担保責任を ~Bは、損害賠償責任以外の瑕疵担保責任を
p.225、「4.瑕疵担保責任の特例」の問3、1行目・2行目 瑕疵担保責任(2カ所) 損害賠償責任以外の瑕疵担保責任(下線追加)
p.225、同上、2行目 *民法570条 *民法562条等


■マンション管理士・管理業務主任者 過去問集1
 
p.63、問34~36、問38~39 最後の参照条文
*民法545条3項
*民法545条4項
p.64、問10、2~3行目 Bに告げなかったとしても、~担保責任を負うことはない Bに告げなかったときは、~担保責任を負う
p.129、問13、1~2行目 賃貸人からの解約は3月の~ 賃借人からの解約は3月の~
p.130、問22、2行目 30年 ~ 20年とされる。 60年 ~ 50年とされる。
p.131、問22、1~2行目 20年 ~ 20年とされている。 50年 ~ 50年とされている。
同上、3行目 賃貸期間を30年 賃貸期間を60年
p.227、問1、解答 ×
p.388、問3、1行目 ~Bは、瑕疵担保責任を ~Bは、損害賠償責任以外の瑕疵担保責任を
p.389、問3、1行目・2行目 瑕疵担保責任(2カ所) 損害賠償責任以外の瑕疵担保責任(下線追加)
p.389、同上、2行目 *民法570条 *民法562条等
p.477、問83、解答及び2~3行目
したがって、委任状の提出がある賃借人に議決権行使が認められる。[H24管-29(1)]*標準管理規約46条6項
×
しかし、代理人となることができる者は、配偶者、一定の親族、他の組合員に限られており、賃借人は代理権を証する書面があったとしても代理人となることはできない。[H24管-29(1)]*標準管理規約46条5項

■ 同前2