都市計画法65条(建築等の制限)

【解説】

1.都市計画事業の事業地内における建築等の制限

さて、最後に都市計画事業の告示がありますと、実際に工事に入ります。したがって、この段階での規制は一番厳しくなります。工事の邪魔になることはできなくなります。

したがって、規制の対象は、「土地の形質の変更」「建築物の建築」「工作物の建設」だけでなく、「移動の容易でない物件の設置若しくは堆積」も許可の対象になります。

ここの重量5トンというのは、一応数字も覚えておいた方がいいと思います。