民法995条(遺贈の無効又は失効の場合の財産の帰属)

【解説】

遺贈が、何らかの理由によって、無効又は失効した場合、遺贈の対象となった財産はどうなるのかについての規定です。

これは、受遺者が受けるべきであったものは、本来の相続人に帰属します。