民法938条(相続の放棄の方式)

【解説】

相続の放棄というのは、たとえば被相続人がプラスの財産より、マイナスの財産が多かったときに、その債務の負担から相続人を解放するときなどに行います。

本条は、その相続の放棄は、家庭裁判所への申述が必要な旨を定めた規定です。