民法576条(権利を失うおそれがある場合の買主の代金支払拒絶)

【解説】

本条は、買主の代金支払い拒絶権を認めた規定である。

「売買の目的について権利を主張する者がある」というのは、典型的には売買の目的物について所有権を主張する者がいる場合です。

他の例としては、第三者が賃借権のような用益権を主張する場合があります。

もともと、これらの場合の買主は、売主に対して担保責任を追及できますが、代金支払拒絶権を与えることにより、買主の損害を未然に防止しようということです。