民法544条(解除権の不可分性)

【解説】

解除権については、解除権不可分の原則というのがあります。

契約の当事者の一方又は双方が複数いる場合には、解除権は、全員から、または全員に対して行使しなければいけません。

解除権は「全員から全員へ」と覚えておけばいいでしょう。

このように解除権には不可分性がありますので、解除権が当事者のうちの一人について消滅したときは、他の者についても消滅することになります。