民法507条(履行地の異なる債務の相殺)

【解説】

双方の債務の履行地が異なる場合でも相殺できます。

お互いの債権を清算するだけだから、履行地が同じでも異なっても、相殺できるというのは理解できると思います。