民法485条(弁済の費用)

【解説】

本条は「弁済の費用」について規定したもので、これは債務者が負担します。

弁済というのは、債務者の義務だからです。

具体的には、運送費、荷造費、登録税、関税、為替料、債権譲渡の際の通知費などです。

「契約の費用」は当事者双方が等しい割合で負担するのと区別して下さい(558条)