民法233条(竹木の枝の切除及び根の切取り)

【解説】

この規定は、相隣関係の中では、ある意味で一番有名な規定です。いろいろな民法の本に出てくる条文です。

隣の家の木の「枝」が伸びてきたときは、自分で切り取ることはできずに、隣人に「切り取ってくれ」と請求できるだけだが、隣の家の木の「根」が伸びてきたときは、隣人が何と言おうと、自分で切り取ってよい、という意味です。