土地区画整理法98条(仮換地の指定)

【解説】

1.仮換地とは

この仮換地とはどういうものかということですが、従前の宅地を区画整理した後に、最終的に換地ということで新しい土地をもらうことになります。この間に、仮に定められるのは仮換地といいます。ちょうどお店で店内改装に時間がかかったりしてそこで営業できない場合に仮店舗を設けるようなものです。

最終的な換地処分がなされるまでの間に一時的に移転する場所です。

区画整理を行いますと、道路拡張工事を行ったりするので、工事の邪魔にならないように従前の宅地から移転してもらう必要があるわけです。

2.仮換地の指定

この仮換地の指定については、常識的な話でしょうが土地の所有者に通知がなされます(第5項)。

気を付けて欲しいのは、仮換地の指定にあたって、宅地について賃借権のような使用収益権を有する者に対しても、その指定の通知をしなければならないという点です。ただ、これは使用収益権を有する者に対してですから、抵当権のような使用収益権を有しないものに対しては通知する必要はありません。