建築基準法45条(私道の変更又は廃止の制限)

【解説】

本条は、私道によって接道義務を満たしている土地があるときは、私道の変更又は廃止によって接道義務の規定に抵触することとなる場合、特定行政庁は、その私道の変更又は廃止を禁止し、又は制限することができる旨を定めています。

建築基準法上の道路は、私道でもかまわないという話はしました。そして、私道というのは基本的には私有地ですから、私道を変更したり、廃止したりするのは所有者の自由のはずです。

しかし、私道があることによって、接道義務を満たしている周辺の土地は、私道を廃止されると接道義務を満たさなくなって困ってしまいます。そこで、このような規定があるわけです。