建築基準法1条(目的)

【解説】

この建築基準法の趣旨は別に難しいことはありません。

建物を建てるときに安全等の観点から建築物の敷地、構造、設備及び用途に関する最低の基準を定めることによって、国民の生命、健康及び財産の保護を図るための法律です。

ちょっとした地震等で倒れるような建物を建てられると困るので、建物の基準を定めたということです。