不動産登記法107条(仮登記の申請方法)

【解説】

仮登記の申請方法ですが、本条により仮登記権利者が単独で申請することができます。

気を付けて欲しいのは、あくまでも仮登記の申請も共同申請が原則であるが、「仮登記の登記義務者の承諾」か「仮登記を命ずる処分」があるときには、単独でも申請できるということです。

これは、仮登記というのは、基本的には一時的暫定的な登記であるため、仮登記義務者の承諾等があれば、簡易な方法を認めようという趣旨です。